n度あることはn+1度ある

コピペと愚痴

apt-get build-depができない

apt-get build-depをすると

Reading package lists... Done
E: You must put some 'source' URIs in your sources.list

とかでてくる。

askubuntu.com

より、/etc/apt/sources.listの末に

deb-src http://archive.ubuntu.com/ubuntu trusty main restricted
deb-src http://gb.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty restricted main universe multiverse
deb-src http://gb.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates restricted main universe multiverse
deb-src http://gb.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-backports main restricted universe multiverse
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security restricted main universe multiverse
deb-src http://gb.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-proposed restricted main universe multiverse

と追記してsudo apt-get updateしたらできるようになった。 (USにはなかった?)
GBはイギリスなので通信速度的にはあまりよろしくない。気にする人は変えようね

島村楽器のリペアのレビュー

最近書くことなかったので以前島村楽器に出したベースのリペアのレビューを書く

リペアを出した経緯

自分が出演した最後のライブの後にアクティヴベースの電池を繋いでいるコードが断線してしまい、プリアンプに電源が供給できない状態になってしまった。
自分ではんだ付けしてもいいのだがベースの回路のスペースは非常に狭いので不器用な自分はあまり触りたくないことと、せっかくなので一回は楽器店にリペア出してみるかというつもりで行動範囲にある島村楽器店にリペアを出した。

リペアの評価

自分はあまり熱心に楽器を弾く人ではないしベースに熟知しているわけでなく今回初めてリペアを出したので、こんなものなのかもしれないが結果を言うと今後利用することはない
なぜこのような結論に至ったのか以下に記す。

遅延に次ぐ遅延

島村楽器は全国各地に存在するが、やはりリペアマンの数が不足しているらしく基本的には工場に配送する配送型のサービスである。(島村楽器は素人のバイトがリペアを行うからリペアを出すなといった記述をみたがその心配は無いように思われる)そのためリペアが終了しても、すぐ受け取ることはできないのだが自分がベースを受け取ることができたのは予定日より10日遅れてのことだった。 2,3日遅れるならば仕方ないが10日も遅れるとは非常に驚きである。自分は急いでいなかったからいいもののライブが近い人などは絶望的である。

基本調整???

自分が行ってもらったリペアは配線と基本調整、弦交換の3つである。本来は配線のみであったが基本調整をしたほうがいいと店員さんの強い勧めで基本調整もしてもらった。鳴らしたときにビビったりすることもあったのでそれらのような調整をしてくれるのかと思いきや、帰ってきたのはただの弦高が上がっただけのベースであった。素人目からしたらただ弦高を上げただけである。しかしこれは自分が分からないだけであるかもしれないので特に評価しない。自分の怒りは他にある。下のリペア料金表を見てほしい。全体調整の内容にクリーニングのサービスがあることが分かる。

info.shimamura.co.jp

自分のベースはあまり手入れしていないのでフレットやペグ、ブリッジはサビている。ブリッジには埃が入り込んでおりひどいものだ。しかしベースはそのまま帰ってきた。一切クリーニングされずに。一体何をクリーニングしたのか教えてくれ。

値段と内訳

これらのリペアをして合計で15000円で数百円お釣りが来る程度だった。確か送料が2000円なのでそれを差し引いても13000円である。断線の修理費は口頭では2000円と伝えられたので弦と合わせて大体5000円くらいだろうが基本調整に8000円とは意味がわからない。クリーニングもなく最低価格の+3000円も取られててどう納得しろというのだ。更に酷いのがどのような修理を行ったかという内訳を一切公開してくれないことだ。レシートにはただサービス料金とだけ記されていた。

店員の態度

一番気に入らないのが店員の態度である。リペアとは直接関係無いが自分が利用した島村楽器の店員の態度に非常に疑問をもった。リペアが終了したときに楽器を試し弾きさせてもらったが、そのときに担当してくれた店員にどんな内容か忘れたがリペアに関する質問をした。店員は確認してくると言い、しばらくしても戻らないので店内を探してみたら他の客を接客していたのだ。他の客を接客することは構わないがせめて一声かけてほしい。結局自分は30分以上待たされたのである。(最後まで戻らなかったので仕方なく他の店員に話しかけ試奏を終えた)自分は多くの楽器屋に行ったことはないがそれでもこの店以外は絶対に試奏の際は店員の人が一人そばに居てくれた。勝手に消えるのはこの店が初めてである。しかも驚くべきことにこれはこの店員だけではないのだ。この店員がまだ入りたてなら仕方ないことなのだが、この店のトップといえる店長もこのような放ったらかしを行うのである。以前自分がこのアンプを使ってみたいと言ったときに試奏の用意だけしてレジの方へ消えてしまった。しかしドラムを見に来ていた他の客にはこのような態度をとらずずっと付き添っていた。この店は下手くそや学生には適当に接客するのかと思えてしまう。

最後あまりリペアに関係ない話になったが、このように個人的には全くいい印象を持てない初リペアであった。今後は遠くても他の店か自分で行うことにする。

TOEICのスコアが730点いったので使用した参考書とか勉強方法を書く

11月のTOEICから始めて4月のテストでようやく目標スコアに達した。自分の素の英語能力は中学英語止まりなので安定してこのスコアを叩き出すためには高校英語などの英語の基礎を一から学ぶ必要があると思う。
f:id:benntann:20170513195733j:plain 使用した参考書や勉強方法などについて以下に記す。

参考書

必須

TOEIC公式問題集

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

TOEICの試験対策に必ず必要になるのがこの公式から発売している公式問題集である。基本的にはこれを繰り返すことで点が伸びる。もっとも力を入れるべき教材。
去年の5月辺りに形式が変更されたので新形式に対応した上記の二冊(自分が使用したもの)と灰色の問題集を使用すると良い。時間が余ったら公式問題集vol.6など、旧版の発売が最近のものから手を付けていくと良い。

TOEIC単語帳

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

TOEICにはビジネス用の独特な単語や熟語が多く使用されるので専用の単語帳が必要になってくる。この単語帳を9割程度覚えていれば大体問題文は読める。自分はこの単語帳を使用したが、より良い点を目指していく人には有名な「金フレ」を使用すると良いと思う。
ただし金フレは「日本語→英語」なので記憶が定着しにくい上、TOEICは「英語→日本語」のテストなので即座に役に立つとはいいづらい。しかし重要なことはTOEIC用の単語帳を一冊覚えるということだ。

TOEIC文法

1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

この本を一冊読み切ればPart5の解き方がだいたい分かる。またTOEICに頻出の文法問題に関する文法知識を集約しているため非常にスコアにつながりやすいように感じた。自分のような文法の知識が中学止まりの人間は是非使用するべきである。

時間があれば

ヒロ前田のPart7対策本

この問題集はPart7にでてくるような長文問題とそれを解くためのテクニックを集約した本なのだが、この本に載っているテクニックを覚えたところで長文がいきなり読めるようになったりスコアが伸びたりはしないと思う。しかし長文がたくさん載っているので長文の練習用には適していると思う。長文の内容も公式問題集より比較的簡単なので導入に使用してもいいかもしれない。

個人的には必要なし

Duo

DUO 3.0

DUO 3.0

たまにTOEIC対策で薦められているDuoだが個人的には殆ど役に立たなかった。Duoにのみ出てくるような単語、熟語は本番にも1つ2つ見る程度で、自分のようなスコアをとるためだけなら他の教材を勉強した方がいいと思った。
また、Duoの音声CDを使用してシャドウイングなどのリスニング練習をしたが、逆にリスニングのスコアが下がった。単語帳としてもリスニングの教材としても他の教材を使用したほうがスコアに繋がりやすいように感じた。

ヒロ前田のPart3&4対策本

リスニング対策に使用したが公式問題集のみで十分だと感じた。Part7本同様にテクニックにはあまり価値はないように感じた。

ロバートヒルキのようなTOEIC攻略本について

TOEICの勉強にロバート・ヒルキの攻略本を使用する方もいると思うが、(全て読んだわけではないが)あれを読んだだけでスコアが劇的に伸びるのは難しいと思った。流し読み程度だが、この本は元々英語能力がある人がTOEICに慣れるための本であり、自分のような英語能力が欠如している人間が調子よくスコアが取れる本ではないと思う。ただしPart2の攻略で「問題と解答の発音が同じor似ていたら☓の可能性が高い」という攻略だけは選択肢を消すことに非常に役に立つ。

勉強法

リスニング

自分は本当にリスニングが苦手なのであまり参考にならないかもしれないが自分がやったことは
- 公式問題集の音声を聞き飽きるまで聞く
- Part3とPart4の発音が全くわからないスクリプトシャドウイングする
- 先読みを練習する
である。自分はスピーチを聞き取る能力が本当に弱いので聞き取る練習を行った。シャドウイングをしたら自分はスコアが50くらい下がったのであまりオススメできないが、自分がわからない単語やリンキングの発音を把握しておくということは大切である。またPart3と4では先読みを設問までできるようになればスピーチのみに集中できるので設問まで読めるようにリーディング能力も鍛えることをおすすめする。

リーディング

Part5は先述した対策本を読んでから何度も公式問題集の問題を解いた。またなぜ、その答えになるのかという理由も把握した。
Part6とPart7は問題さえ読めれば大体何を入れるか分かるのでとにかく公式問題集のスクリプトを読みまくった。またこれらのパートには「Rest assured that」のような少々特殊な熟語が多いので、出てきた熟語、単語も全て把握するようにした。(特に熟語は覚えた方が良い)

自分はこのスコアをとってからまだ一度もTOEICを受験していないので安定してこのスコアが取れる参考書、勉強法とは言えないが自分のように英語の能力が中学時点で止まっている人などに参考にしてだければ幸いです。

無線子機が5GHzのSSIDを拾わないときの対策

最近困っていたことなのでメモ
ブラウザのルーター設定に入る(NECなら192.168.0.1だと思う)
無線LAN設定のサーチ対象域を5.2GHzのみにする
f:id:benntann:20170501212330p:plain 他のルーターも同じような項目があると思うのでW52の規格のみを通すようにすると5GHzが使用できるようになると思う。
ルーターが勝手にW53などの一部対応していない機器がある規格で電波を飛ばし始めると検知しなくなる機器が出てくるっぽい。
電波干渉による影響を少なくするためにチャンネルを増やしてるらしいけど俺じゃなくて俺の周りで干渉する電波を飛ばしてるお前らが変更しろ!

雑魚のシュヴァマグ確定流し

念願だったシュヴァマグ確定流しがゴミPTでもできたので報告(誰に???)
以下構成(ジョブはホリセ)
f:id:benntann:20170325234629p:plain f:id:benntann:20170325234738p:plain f:id:benntann:20170325234744p:plain
メインメンバーしか載せていないのはサブを使わずに流せたから。ちなみにサラとジャンヌが入ってた。
スキルは光の剣とケルベロス短剣、セレ斧、バハ短剣がlv3でヨダルラーハの刀がlv2
基本的な戦法はファランクス、かばう、幻影のどれかが常に掛かっている状態で攻撃を受けることで被ダメージがかなり抑えられる。またシュヴァ石が溜まったら打つことでたまにディスペル効果で被ダメを1ターン回避することができる。(ロボ美とかのほうがいい)
奥義は鞄とアナトorアポロンorバハを同時に使用して打つことで一応2~3%削れていたと思う。これで18分位で流せた。 ルリアがいないと全くできない戦法だったのでルリア様様である。
ただ、タゲを固定された場合一気に壊滅する可能性があるのでヒーラーや光鞄があったほうが安定すると思う。
他に紹介しているものがスキレベ普通に10のがあったりしていたのだけどそんなにエサねえよ!ってことでなるべくスキルレベル低い構成でやってみた。
他にシュヴァマグの確定流しで困っている人へのアドバイスになれば幸いです。

重複組み合わせの動的計画法での解法

蟻本で解説がよくわからなかったのでメモ

問題はn種類の品物があり、i番目の品物はa[i]個(配列)ある。同じ種類の品物は区別できない。これらの品物からm個選ぶときの組み合わせの総数を求めろ。

dp[i+1][j]をi番目までの品物からj個選ぶ組み合わせの総数としてdp[n][m]に解が入る。
dp[i+1][j] = dp[i+1][j-1] + dp[i][j] - dp[i][j-1-a[i]]が成り立つのがこれが成り立つ式の変形がよく分からなかったので個人的な解釈を示す。
問題の一例として具体例としてA,B,Cの品物がそれぞれ3,2,1個あり3個選択する場合を考える。 まずdp[i+1][j-1] + dp[i][j]は選ぶ個数を減らしたものと、選ぶ種類を減らしたものの和である。A,B,Cから3個選択する場合なら、
A,B,Cから2個選択する数とA,Bから3個選択する数との和である。
A,B,Cから2個選択する場合の数はAA,AB,BB,AC,BCである。
同様にA,Bから3個選択する場合の数はAAA,AAB,ABBである。
A,B,Cから3個選択する場合の数はAAC,ABC,BBC,(AAA,AAB,ABB)である。
カッコの中で囲った場合の数は、A,Bから3個選択する場合の数と同様である。それ以外の場合の数はA,B,Cから2個選択する場合の数の語尾にCを加えたものである。
よってdp[i+1][j-1]は語尾を加えて追加する場合の数、dp[i][j]は変化なしに場合の数に加える数だということがわかる。 しかしAC,BCの後ろにCがついた場合の数は、Cの数が一つなので存在できないため、dp[i+1][j-1] + dp[i][j]だと場合の数が大きくなる。
ここで減算分を考える。
上記の場合だとACCとBCCの分を消す必要がある。結論から言うと前述してあるとおり、dp[i][j-1-a[i]]が必要ない数である。
i-1番目の数を加えるということは、i番目の荷物が含まれていない数ということである。つまりj-1はa[i]が1だったら加わり得る事のできる数である。
上記の例だとA,B,Cから2個選択する場合の数はAA,AB,BB,AC,BCだが、この中のAA,AB,BBはA,Bから2個選択する数である。
しかしa[i] = 1であれば j-2の数は加えることができない。 A,Bから1個選択する場合の数はA,Bであり、ACC,BCCは除外する数である。
そのためdp[i][j-1-a[i]]を減算するのである。

説明が長い上にわかりにくい文ですごめんなさい

VirtualBoxでゲストが起動しないときの対応

BIOSからIntel VT-xを有効化するとできる(こともある)
Debianのイメージがブートしなかったので↑をしたらブートした。
VirtualBoxがCPUの仮想化機能使っていたとは初知り。VMWareとかはCPU関係なくできてKVMとかが必要だったような気がするけどよく分かりません。