RAMの重要性

黒い砂漠という要求スペックが無料の癖にえげつないゲームのためにZOTACのGTX970を中古で買った。前のグラフィックボードは6年前の代物で当然黒い砂漠の最低限のスペックすら満たしていなかった。なのでテクスチャ、画質を最低にしていても当然街にはいればオブジェクトの数や人の数でフリーズは当たり前で落ちることもよくあった。また道を馬で走っていれば地面のテクスチャを読み込めずにフリーズすることもあった。FPSも1280*720の解像度で20FPSを常に下回っていた。これらの問題も偏差値23の自分からすればグラボを買えれば全て解決するとおもっていた。しかし現実は厳しくテクスチャ、画質共にmiddle設定で解像度は1600*900にしてようやくFPS50くらいで安定したもののやはり街に行けばFPSは落ちてテクスチャが読み込まれずにフリーズすることが多々あった。しかし同じGTX970なのに最高設定(β)でヌルヌル動いてる人もいた。これはおかしいとおもってグラボの不良品を掴まされたとおもったが自分のマシンはRAMが4GBだった。一応黒い砂漠の基準は満たしているしメモリ如きでそこまでならんだろとはおもったが今時4GBは少ないだろうとアマゾンで売ってるアレを買った。

これで一応フルHDでテクスチャ、画質をhighにしてもFPSが40~60で安定するようになった。しかしこれはウィンドウモードの場合であってフルスクリーンにすると同じ解像度でもFPSが20を下回るようになる。ウィンドウモードだとゲーム以外の描画もしなくてはならなくて処理が多くなると聞いたことがあるが今回ウィンドウモードのほうがFPSがでている。ソフト側でフルスクリーンのFPS規制でもかかっているんだろうか。