n度あることはn+1度ある

コピペと愚痴

TOEICのリスニングが聞き取れない理由の考察

TOEICの勉強しているんですがリスニングがまじで聞き取れないので自分なりにその理由を考察してみた

単語の発音が正確にわからない

これは単純な単語でも起こりうることである。自分が知っている限り多くの学生は単語の発音練習を疎かにする。特に学校で発音練習をする際、ネイティブの発音を真似することが恥ずかしくて、カタカナ英語の発音しかしない。そのため正確な発音がわからず、長文のリスニングなどでは何を喋っているのかわからなくなる。発音練習は大事である。

リンキングがうざい

英語文は前後の単語で発音が変わってきたりする。しかし日本人は前述のように単語すらしっかり発音練習をしていないため英文の練習もカタカナ英語である。そのため発音の変化が分からず聞き取れなくなってしまう。

単語の発音が切れる

気のせいかもしれないがたまに発音が切れるような気がする。日本語では全く聞かないが例えば「山田くんは宿題を忘れた」という文を喋るとき「山田くんは 宿題を 忘れた」と発音をしても、「山田くんは 宿題を わす れた」という単語の途中で発音を切らすような発音を通常しないが「scientific」という単語を「scien tific」と発音している英文を聞いたことがある。こんなことをされれば「scien」と「tific」というそれぞれの単語に聞き分けてしまう。

thatなどをしっかり発音しない

個人的に最大の戦犯だと思う。友人に聞いたのだがネイティブは「a」や「that」、「I」など一部の代名詞や冠詞を他の単語より発音を目立たせない傾向にあるらしい。確かに聞いていてそのようなことはある。これの何が問題かというと、一応発音はしているということ。しかし自分のような英語の初心者はそれがわからないので他の単語にその音がひっつきこれらの単語のあとの単語が違う単語に聞こえてくるのだ。もっとしっかり喋れ、コンプかけるぞ。

興奮するな

スピーカーが興奮しているか知らないけど日本人の会話に比べて非常に早口である。もっと落ち着けよ

以上